2020年06月29日

整地方法2

こんにちは

前回は、
①陣地の中にある身動きできない死に石はアゲハマ扱いになる。
②ダメまで埋め終えて、初めて終局を向かえる。
③陣地は相手の陣地を数える。
④陣地にある死に石を盤外へ除外する。(アゲハマ)
というところまで書いていきました。

今回はその続きで、スピーディーに数えやすく陣地を整理する方法を書いていこうと思います。

・陣地を四角く整理する
4F0AAED7-FD11-499A-98C9-BF99834EE8F1_1_201_a
まず、白の立場で黒の陣地を数えるという設定で進めていきたいと思います。(黒のアゲハマは3子)
上図は終局を向かえ、整地を始める段階の図です。
実際は対局中、石を取ったり取られたりしますので、図のように複雑な形をして、数えにくくなっています。
そこで、最初にアゲハマでクローバのところのように、細かいところを埋めていきます。
次に星マークの石が地を数え難くしているので、場所を移動します。

C47820C0-455B-4F6E-B9DE-52A1D5272F6D_1_201_a
上図は先程のクローバーのところにアゲハマの黒3子を埋めて、さらに星マークの黒2子を上辺の陣地に移動させました。
これによって、下辺と上辺の黒地が共に横5目✖️縦2目=10目(面積の計算より)合計20目であることが一目でわかるようになりました。
このように自分の数える陣地内の石であれば、移動させても地が増えたり減ったりしないので可能です。
そして、四角く整理することにより計算しやすくなります。

・ダメ場の石を活用
055B7792-C741-4AC2-90AC-087348D9220B_1_201_a
上図は右上黒の陣地も左下黒の陣地も、このままで数えると、中途半端で数え難いです。
そこで、陣地の境界線になっている以外の石(ダメ場の石)である、星マークの白2子とクローバーの黒2子を交換します。
ダメ場の石を交換しているので、地の増減があるわけでは無く、移動が可能です。

2DF39149-32A5-484F-AE96-BCF55352A5AF_1_201_a
上図が星の白とクローバの黒を交換した図です。
続いて、注目していただきたいのがハートの黒2子です。
これを移動させます。

D261722A-1DC1-4C56-98A6-5FF026FE6F32_1_201_a
上図がハートの黒石を移動させた図です。
これで2箇所の黒地は共に、10目となり、合計で20目ということが見ただけでわかるようになりました。

今回は以上です。

今回もご覧いただきありがとうございました。 


囲碁ランキング

igo_syodan at 00:00│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 講座 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー
  • 整地方法2
  • 整地方法2
  • 整地方法2
  • 整地方法2
  • 整地方法2
  • 整地方法1
  • 整地方法1
  • 詰碁 ナカ手特集 答え
  • 詰碁 ナカ手特集 答え